体が欲する量以上に食べない生活を送れば体重は下がる

楽に痩せる為には、無駄食いを避ける事です。その為には、生活習慣以外にも外に出かける回数を増やす事が必要です。

1か月に3回くらいの交友関係の計画を立てて、飲んだり食べたりする日に合わせてお腹を空かせておくようにします。約束の日の2日前からだけワカメやひじき等の海草類、蒟蒻や竹輪、納豆等のビタミンやミネラル、蛋白質だけの食事でカロリーを抑えます。

月に何回かの食事制限だけで、体質も変わってくれるので体重が落ちやすくなります。人の体は、食べた栄養成分や量の変化に反応するからです。
また、毎日同じような物を食べていると太りやすくなります。体が慣れてしまって、栄養を吸収する力がより強くなってしまうからです。

次に、お腹が空いたと自覚するまでは、食べるのを忘れましょう。誰かに合わせて食事をしていると、自分の体内の食物の消化を遅らせてしまいます。消化が遅くなると、ろ過し切れなくなった食べ物が原因で胃が膨れてきます。気持ち悪くなって更に食べてしまう悪循環が続くので、自分のペースで食事を摂取した方がスタイルが良くいられます。

そして、お菓子には珍味やガム、マンナンライフのLaLaクラッシュがお勧めです。一見物足りなくおもえますが、人間の体は頭で思っているよりも食物が入りません。空腹の時に見れば見る程、沢山食べられそうな気がするのですが、錯覚です。

カロリーが高い美味しそうな物を食べた後にお腹が凄く重くなったり、脂質量が自分の体のキャパシティーを超えたりして具合が悪くなる経験した事があります。無駄に太ってしまったような気持ちになり、後悔しました。

1回口の中に入れてしまうと取り出せないので、噛む回数が増やせて適度に蛋白質量を含んだ食品を摂る方が楽に痩せられます。

特に、マンナンライフのLaLaクラッシュは、杏仁ミルクが一押しです。他の種類と比較しても栄養表示はほぼ変わらないのですが、腹持ちが違います。杏仁豆腐を似せたような味で、8個全部食べても27kcalしかありません。食べた後味もスッキリしており、食物繊維が1個当たり1.6g含まれているので、1袋食べると1食のおかずを摂った後のような満腹感があります。

最後に、睡眠時間を減らすと食欲が低下します。神経が揺さぶられるので、空腹であっても眠気が勝ってしまうからです。痩せたいのにどうしても食べたいと言う気持ちが収まらない場合は、最終手段として1日眠らない日を作ると便利です。

その1日がきっかけとなって、翌日からの食事量が減ります。1日でも食べる量が少ない日があれば、体がそれに対応しようとするので翌日から少し上半身が痩せたような感覚になり、体が欲する量以上に食べない生活を送れば、少しずつ体重が下がってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ