ユダヤ民族の流産率が少ない理由

妊娠というのは、夫婦生活のあるカップルならば自然の流れです。

けれどもしも、結婚して何年経ってもなかなか子宝に恵まれないと言うのであれば、まずはタイミング療法を行ってみるのが良いでしょう。

男性側、女性側の身体に全く問題がないのに妊娠に至らないと言う場合にはタイミング療法はとても有効なのです。

どういうことかというと、人間は発情期というものが定まっていません。
だから、排卵日付近だとかお構い無しに性交をするのです。

排卵日の前後二日間くらいの間に、精子が体内に入ってくれば卵子は新鮮なうちに元気な精子と出会う事が出来ます。

そのため、良い受精卵となり出産に至る事が出来るでしょう。

けれど、排卵日から5日位早くにもし精子が体内に入ってきて、それが排卵日まで生き長らえていたら、そんな元気のなくなった精子が卵子と出会って受精卵となる事もあるのです。

そんな受精卵は、妊娠まで至らない、もしくは流産しやすい受精卵となる事になります。

または排卵日の5日後くらいになって精子が体内に入って来た場合は、卵子はかなり古くなってきている時に精子と出会う事になります。

するとやはり、そんな受精卵は妊娠まで至らないまたは流産しやすい受精卵となるのです。
身体に問題のないほとんどのカップルは、ちゃんと妊娠はしているのです。

けれどせっかく受精卵となっても元気が良くないために流産したり死産してしまう、もしくは着床までも至らずに流れてしまうのです。

現代も昔もユダヤ民族は流産が少ないと言います。

それは、ユダヤ民族は昔からの教えで、月経中と月経後の七日間は禁欲する事、そして七日目の夜に儀式的な沐浴をしてから夫婦生活を始めると決まりがあるのです。

それは言うなれば新鮮な精子と卵子を出会わせる生活習慣なのです。

その教えが経典に書かれていて実践しているユダヤ民族は流産率が少ないという事です。
健康な子を授かるため、妊娠まで至らない染色体異常を防ぐためにも理にかなった決まりです。

ユダヤ民族のタイミング療法を実践すれば、身体に問題のない男女であれば待望の妊娠をする事がきっと出来ると言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ