なぜ妊娠するとコーヒーを飲まない方が良いのか

妊婦さんがコーヒーを飲まない方がいいというのは、多くの人が聞いたことがあると思います。ではなぜ妊娠するとコーヒーを飲まない方が良いのでしょうか。

まずコーヒーにはカフェインが含まれています。このカフェインには眠気などを抑える中枢神経興奮作用や、利尿作用、心臓の働きを助ける作用など、様々な効果があります。しかし、妊娠中には悪影響を及ぼす危険性があるのです。

カフェインを摂取すると、胎盤を通じて胎内の赤ちゃんにも母体と同じ量のカフェインが与えられてしまいます。身体の小さな胎児は内臓器官がまだ未完全なので、カフェインを分解して排出することが出来ません。体内に高濃度のカフェインが溜まってしまうことが原因で、胎児の発育が遅れてしまうといった報告もあります。妊娠初期からカフェインを大量に摂取していると、生まれてきた赤ちゃんが低体重である可能性が高まるのです。

ただし、カフェインは全く摂ってはいけないというわけではありません。あくまでも過剰摂取が良くないので、あまり神経質になる必要などはないのです。

コーヒーでいえば、1日1~3杯程度が許容量とされています。ただやはり心配な方も多いと思うので、そういった方にはカフェインレスのコーヒーがおすすめです。それならカフェインを大幅にカットされているので、普通のコーヒーを飲むよりもカフェインを抑えることが出来ます。
またコーヒー以外にも、紅茶やココア、ウーロン茶にもカフェインは含まれます。コーヒーと比べると量は少ないですが、気になる方はあまり摂らないようにしましょう。
ただし水はもちろん、麦茶にもカフェインは含まれていないので、普段の水分補給にはこれらを飲むことをおすすめします。

このように、妊婦さんがカフェインを摂る際に注意したいことはいくつかあります。でもあまり神経質になりすぎると、かえってそれがストレスとなってしまう場合もあるので、適量を意識しながら妊婦生活を快適に過ごしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ