妊婦さんはインフルエンザ予防のために予防接種を

妊娠中は元気な赤ちゃんを産むために、さまざまリスクを避けようとする妊婦さんが多いですよね。

その中の1つが妊娠中に病気にかかることではないでしょうか。しかし普通に生活をしているとさまざまな機会で病原菌に接触する可能性もあります。そんな時にきちんとした食生活、そして体力や免疫力があれば病気を防ぐことができます。しかしやはり夏場に流行る胃腸炎や、冬場に流行るインフルエンザなどはどうしても避けられないこともあるのです。

その中でもインフルエンザは妊婦さんがかかると危険としてWHOも感染予防をすることを呼びかけています。インフルエンザに感染すると妊婦さん自体の症状が重症化することがあるそうです。そのために感染を防ぐことが大切なのですが、インフルエンザを予防するには、今は予防接種をするが一般的です。

妊婦さんがインフルエンザの予防接種を受けて赤ちゃんに影響はないの?と思う妊婦さんもいるかもしれません。しかしこれはいろいろな研究がなされて妊娠中全期間で予防接種を受けることが出来るそうです。

またインフルエンザの予防接種を受けるともし感染してもその症状を軽く抑えることが出来ることにより、そのメリットが大きいのですね。ではどこで予防接種を受けることが出来るのでしょうか。

よく予防接種を受ける場所は小児科や内科ということが多いのですが、最近では産婦人科で受けることもできます。産婦人科で受けることが出来るならば、予防接種が赤ちゃんに及ぼす影響とかあらかじめ医師に相談して決めることが出来るので、妊婦さんも安心です。また自分の健診の日に合わせることもできるので、都合もいいでしょう。

予防接種に関する費用は病院によって異なります。幅はありますが2000円から3000円位の価格設定のところが多いですね。妊娠している女性を守っていくれる予防接種ですから、先生とよく相談をして受けるかどうか決めましょう。受けるメリットはおおきいと言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ